ボリューム満点!サバサンド

海外旅行で観光と並んで欠かせないのが、現地で有名な料理を食べることですよね。今回は、イスタンブールでおすすめの、屋台で買えるサンドを2種類ご紹介します。 ボスポラス海峡が目の前に広がるイスタンブールならではの屋台料理といえば、大きなサバサンドです。トルコではパンも美味しく、外がサックサク、中がもっちりとしたパンに、脂の乗りがちょうどいいサバと、その脂を中和してくれるトマト、ピリッとスパイスがわりになる玉ねぎがはさまれ、味付けは絞ったレモン汁だけというシンプルなサンド。ボリュームがあるのに、素材の味を生かすシンプルな味のため、おかわり必須のサンドです。海風を肌で感じながら食べるサバサンドはもう、格別です。

スパイスが効いてる!ケバブサンド

次に紹介するのは、ケバブサンドです。トルコと聞いたら、ケバブが頭に浮かびますよね。注文が入ってから目の前で大きなドネルから羊肉を削ります。削っている間にも、食欲をそそるスパイスの香りがお腹を鳴らせます。先に紹介したサバサンドのパンと同じく、パリッとモチモチが一度に楽しめるパンに挟まれた、ジューシーな羊肉はスパイスのおかげでしつこくなく、また、一緒に挟まれた新鮮で大きな輪切りのトマトが口の中を爽やかにしてくれます。サバサンドとは反対に、スパイスの味が効いているので、ガッツリと味の濃いものを食べたい時にはケバブサンドがおすすめです。 以上、イスタンブールで食べるべきおすすめのサンドをご紹介しました。イスタンブールに行かれる際は、ぜひ屋台料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。